「ドリーミントオホーツク号(札幌~網走間)は思ったよりも快適、格安だった!」

「ちょっとお出かけ」

《スポンサードリンク》

ドリーミントオホーツク号(札幌~網走間)に所用があって乗ってみました。
バスって、どうなんだろう?と思ってましたが 思ったよりも快適で格安でした!
所要時間も自分で運転していった時とさほど変わらず
寝ていけるのでこれからも利用しようと思いました。

1.ドリーミントオホーツク号の料金

以前から安いと聞いていたので
どれどれと思いネットで調べて予約。
やっぱり安い!

一般片道  6,390円
一般往復 12,040円(740円お得)
4枚綴回数券 22,720円(2,840円お得)
学生片道 5,760円(中学生以上学生証提示)
学生往復 10,800円(720円お得)
※2019年8月27日現在:北海道中央バス公式サイトより
※乗車料金は基本的に予約後に乗車前までに窓口で支払いチケットと交換します。

1-1.JRを利用した場合

片道乗車料金 6,800円
座席自由   2,590円(座席指定3,110円)(グリーン6,700円)
———————————————————–
合計     9,390円
※2019年10月1日からは消費税が10%となる為
新料金となります。
https://www.jrhokkaido.co.jp/fare/index.html

1-2.自家用車を利用した場合

札幌から網走まで約334kmあります。
札幌市内から比布JCTまでは道央自動車道で3,710円
ガソリン代として
334/15=22.3㍑のガソリンが必要として
22.3✕140円(2019年最近の単価)= 3,122円
合計 6,832円です。

乗車する人数が多ければ多いほど
割安になると思いますが
疲労度はバスの倍以上かと思います。

2.ドリーミントオホーツク号座席の予約&購入方法

この札幌~網走間のドリーミントオホーツク号は事前に
予約が必要です。

1.窓口や電話で予約の場合
2.コンビニで予約・購入の場合
3.バスプラザ(ネット)で予約・購入の場合
4.発車オーライ(ネット)で予約・購入の場合

それぞれ予約・購入方法が違いますので
詳細をよくお読みの上、購入してください。
ネットをあまりご利用にならない方は
電話の方が親切に案内してくれますので
その方が早いし確実です。

3.ドリーミントオホーツク号の所要時間

所要時間は約6時間です。
札幌から網走までは1日8便。
一番早いのは朝7:50発遅いのは17:20分発で
18:20発は北見までしか行きません。

最終便として23:40発で夜中に走って
朝方(6:00)に網走に到着する便もあります。
2019年8月28現在。
実際に乗車の際はホームページを確認してください。

4.ドリーミントオホーツク号の乗り心地は?

※イメージ(実際のバス車内の写真ではありません)

↑写真出典元:PAKUTASO

乗り心地は普通の観光バスとほぼ同じで快適です。
座席もさほど狭くはありません。
リクライニングシートで後に倒せるため楽です。
※座席の後の方にはマナーとして一言、断ってから倒してください。

当然ですが車内は全席禁煙です。

《スポンサードリンク》



5.ドリーミントオホーツク号の経路

札幌出発の場合の経路です。
1.札幌駅前ターミナル
2.札幌ターミナル
3.西7号線(北見市)
4.北見バスターミナル
5.美幌駅前バスターミナル
6.女満別西通り
7.網走駅前
8.網走バスターミナル

6.ドリーミントオホーツク号の休憩場所

途中、道央自動車道の比布大雪パーキングエリアで
約10分間の休憩があります(昼間運行便のみ)
そこでトイレや喫煙ができます。
(車内にもトイレは完備していますが
最低限のスペースなので 閉所恐怖症の方には向いていません)

7.ドリーミントオホーツク号の車内設備

トイレ、 座席は1人掛けが横に3列並んだシートが殆どですが
後部に4席のみ2人掛けシートがあります。
ご夫婦や恋人関係の方などは早めに予約してください。
一番後方の座席は4名並んで座れます。

無料Wi-Fiサービス テレビ・ラジオ・映画 スリッパ、フットレスト
ひざ掛け毛布 などが装備されています。
特にフットレストは長時間になりますので
利用されると足が楽です。

8.札幌で降りる時の注意

網走から札幌行きの便で降りる際
道央自動車道を降りてすぐの菊水元町で
停車してくれます。
美園、白石方面に行かれる方は
タクシーの利用になりますが
バスセンターまで 行ってから降りるよりは早くて便利かと思います。

《スポンサードリンク》



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村


季節の行事ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました